スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Ran / 乱」

監督:Akira Kurosawa / 黒澤明









 戦国時代。情容赦なく他の武将たちを滅ぼして来た一文字秀虎は70歳を迎え、家督を3人の息子に譲ろうとする。乱世に息子たちを信じて老後の安楽を求めるとは狂気の沙汰と異を唱える三男の三郎を、秀虎は追放してしまう。だが一の城と二の城の城主となった太郎と次郎は、三郎の案じた通り、秀虎に反逆し、骨肉の争いが始まる。その陰には太郎の正室・楓の方の策謀があった…。シェイクスピアの戯曲「リア王」を翻案した黒澤明晩年の傑作。
 シェイクスピアの4大悲劇のひとつ「リア王」を原点に、毛利元就の3人の息子に着目して作り上げた黒澤明監督の傑作。引退を宣言した一文字家の主・秀虎を待っていたのは、息子たちの反逆と骨肉の争いだった。(1985


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。