スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「To Kill A Mockingbird / アラバマ物語」

監督:Robert Mulligan / ロバート・マリガン







 1932年、アメリカは不況のド ン底だった。アラバマ州メイコムという小さな町に、男やもめの弁護士ア ティカスは住んでいた。家族は彼と幼い子供たち、息子のジェム、娘のス カウト、それに家事全体を切りもりしている家政婦の4人だった。一家は静かな幸 福な日々を送っていた。近所には狂ったブー・ラドレーが父に監禁されていた。 ある日、農夫ボブが、娘が黒人の作男トムに強姦されたと保安官に訴えた。 判事は罪を否認するトムの弁護人に、アティカスを指名した。町の人々は黒人 を弁護したらただではすまぬと、アティカスに警告した。アティカスは不 正と偏見を嫌い、何よりも正義を重んじる男だった。ジェムとスカウトは、 気狂いのブーを見ようとラドレー家へ忍び込んだ。しかしブーに発見され逃げ帰 った。そのうちにスカウトとジェム宛ての贈物が、ラドレー家の前の木の穴に置 かれるようになった。このようにして月日は過ぎていったのだが… (1962

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。