スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「仁義なき戦い 完結篇」

監督:深作欣二 出演:菅原文太, 北大路欣也, 松方弘樹



 深作欣二監督による日本映画史上に残る実録ヤクザ映画シリーズの完結編。そもそも前作『頂上作戦』をもって完結する予定だったが、あまりの人気ゆえに急きょもう1本ということで製作されたものであり、いわば後日譚的要素が強い。脚本も前4作の笠原和夫から高田宏治にバトンタッチされている。
 警察の頂上作戦で、一応終結したかにみえた広島ヤクザ戦争だが、昭和40年代に入り、服役していた組長や幹部たちが次々と出所してくるのを機に、再び広島に流血の抗争が繰り広げられていく。そんな中、昭和45年にようやく出所してきた広能(菅原文太)は引退を決意する…。
 もはやシリーズの主人公ともいえる広能の手の及ばないところまで進んでしまった“仁義にツバ吐くヤクザの実態”。かくしてヤクザ社会の戦後は終わり、新たな時代へと突入していくのだ。(1974



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。