スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Naked Lunch / 裸のランチ」

監督:David Cronenberg / デヴィッド・クローネンバーグ





ウィリアム・バロウズ + デヴィッド・クローネンバーグ、禁断の共謀! 二十世紀最強の妄想文学、奇跡の完全映画化! 「映像化は不可能」とされたバロウズの奇書を、鬼才クローネンバーグが恐るべき想像力で大胆に映画化! 現実<リアル>と妄想<ファンタジー>の境界線を確信犯的に曖昧にする映画史上最大の脳内冒険! スキャンダラスでグロテスクな妄想世界を、驚異のプロダクション・デザインとSFXで、余すところ無く表現!
 1953年、ニュー・ヨーク。麻薬を使用した害虫駆除で生計を立てる小説家ウィリアム・リー(ピーター・ウェラー)。ある時麻薬で酩酊状態にあった彼は、妻(ジュディ・デイヴィス)の頭上のグラスを銃で撃ち落とす「ウィリアム・テルごっこ」で、誤ってその妻を射殺してしまう。パニックに陥ったウィリアムは、麻薬に導かれるまま、暗黒都市「インターゾーン」へ逃亡、現実と妄想の区別が曖昧な世界で、醜悪な虫に姿を変えた愛用のタイプライターに囁かれながら、「報告書」を書き始める。やがて彼は射殺したはずの妻に瓜二つの謎の女性に出会い、快楽の渦に巻き込まれていく・・・。(1992


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。