スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Soylent Green / ソイレント・グリーン」

監督:Richard Fleischer / リチャード・フライシャー



 SF作家ハリイ・ハリスンの小説『人間がいっぱい』を、『ベン・ハー』『猿の惑星』のチャールトン・ヘストン主演で映画化。娯楽性を極力廃し描かれた絶望的な未来像と、ベートーベンの『田園』にのせて語られる驚愕の真実がSFファンを魅了する!
 西暦2022年。環境破壊と人口過多が深刻な食糧不足を招いており、特に4000万人の人口を抱えたニューヨーク市では、プランクトンを材料とする固形食「ソイレント・グリーン」の配給でしのいでいた。そんな際、ソイレント社の取締役サイモンソン(ジョセフ・コットン)が殺害される。捜査に当たる市警殺人課の刑事ソーン(チャールトン・ヘストン)は、事件を追ううちソイレント・グリーンの恐るべき秘密を知ってしまう…。
 近未来を題材にしたSF映画で、人口過多と食糧危機というテーマは、製作当時(1973年)よりも新世紀を迎えた今日のほうが、より身近に感じられるだろう。とりわけその恐怖感がピークに達するのは、ソーン刑事と同居する“本”の博学老人ソル(エドワード・G・ロビンソン)が、すべてを知った絶望感から“ホーム”と呼ばれる安楽死施設で、静かな死を選ぶくだりだ。もはや人類に選択可能なことは、自らの死のみという現実を静かに描いた秀逸なシークエンス。ソルを演じた名優ロビンソンも、本作撮影終了直後にその生涯を閉じたという。因縁だろうか。(1973


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。