スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Stalag 17 / 第十七捕虜収容所」

監督:Billy Wilder / ビリー・ワイルダー



 第二次世界大戦下、ドイツ軍による連合軍捕虜収容所を舞台にした名匠ビリー・ワイルダー監督による人間ドラマ。抜け目のないアメリカ人捕虜のセフトン(ウィリアム・ホールデン)は捕虜仲間たちから敵に内通しているのではないかと疑われ、やがてリンチを受けるが、逆に単身スパイを発見し、脱走を試みる。
 シビアな内容ながらも語り口は快活で時にコミカルですらある。その一方でサスペンス・タッチ描写も秀逸で、エンタテインメントとして一見の価値ある秀作に仕上がっている。また、その中には家族をナチに殺されたワイルダー監督の想いも深く刻まれているようだ。ウィリアム・ホールデンは本作でアカデミー賞主演男優賞を受賞。冷酷な所長役には映画監督のオットー・プレミンジャーが扮している。(1953


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。