スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「You Only Live Twice / 007は二度死ぬ」

監督:Lewis Gilbert / ルイス・ギルバート





 007シリーズの第5作。米ソ両国の直接対決を目論む巨大犯罪組織スペクターの陰謀を阻止すべく、英国諜報部員007ことジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)は日本に赴く。
 日本人からすると、いかにもフジヤマゲイシャ感覚の日本情緒に失笑すらしかねないが、よくみるとオリエンタルな要素を巧みに組み入れた美術や、『アラビアのロレンス』などで知られる名キャメラマン、フレディ・ヤングの撮影など、実は優れたスタッフ・ワークに裏打ちされていることがわかる。瀬戸内海に阿蘇山があるといった地理の無視も、そもそも荒唐無稽なダイナミズムが売りのシリーズだからこそ許容できよう。スペクターの総帥プロフェルド(ドナルド・プレザンス)が今回初めて顔を見せる。ボンドガールには浜美枝若林映子、また丹波哲郎が秘密警察のボス、タイガー田中約で貫禄を見せる。日本よりも海外での評価が高く、監督のルイス・ギルバートは後にも2本シリーズを担当することになった。(1967


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。