スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「We Were Soldiers / ワンス・アンド・フォーエバー」

監督:Randall Wallace / ランダル・ウォレス





 ハル・ムーア、ジョー・ギャロウェイ共同執筆によるノンフィクション・小説をランダル・ウォレス監督・脚本で映画化した作品。ベトナム戦争初期、恐ろしい戦争の裏で敵味方関係なく募らせる家族や愛しい人への思いや、彼らを待つ人々の心情を描いた感動のドラマ。
 アメリカがヴェトナム戦争に深入りするきっかけともなった1965年11月のイア・ドラン渓谷の戦い。しかし、そこには敵味方を問わず多くの尊い命が失われていったことを描く戦争超大作。原作者のひとりで実際に参戦したハル・ムーア大佐(当時)をメル・ギブソンが人間味豊かに演じており、また彼の妻(マデリーン・ストウ)が毎日戦死者通知を自ら配達するエピソードを挿入し、戦争は男だけのものではないと強調。さらには敵である北ヴェトナム正規軍にも家族がいて恋人がいるという、そんな当然の事実をアメリカ映画が初めて描いた画期的作品でもある。 本作のようにアジア人の会話に英語字幕を入れることなど、これまでの米製ヴェトナム戦争映画ではほとんどなかった。なお、この苛酷な戦いに勝利したアメリカは、おごり高ぶった勢いでもはや後戻りできなくなり、敵味方さらなる悲劇が繰り広げられていった。監督は『パール・ハーバー』の脚本家でもあるランダル・ウォレス。(2002


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。