スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「しびれくらげ」

監督:増村保造 出演:渥美マリ, 田村亮



 『いそぎんちゃく』『でんきくらげ』など、旧大映末期のエロティシズム濃厚「軟体動物」路線で時のセクシーアイドルとなった渥美マリが、『でんきくらげ』に続き巨匠・増村保造監督のメガホンで主演した風俗女性映画。
 ファッションモデルのみどりは、恋人である営業マンの宏から突然、取引先の外人重役と一夜を共にするよう強要される。やむなくそのとおりにしたみどりだったが、やがて父の失態を機にすべてを失い、しかも宏が出世のことしか頭にない男であったことも悟った彼女は、宏へのリべンジを図る…。
 性の解放や女性の自立といったモチーフを巧みに融合させながら、エネルギッシュにヒロインを立ち回らせる増村演出は、今回も快調。また、今回は渥美マリの気丈な中の可愛らしさが、より強調されているようにも思えて好ましい。(1970)


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。