スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「四畳半色の濡衣」

監督:向井寛 出演:美保純, 村嶋修, ひし美ゆり子



 四畳半、この狭い世界で繰り広げられる男と女の出逢い、別れ、涙、地獄極楽のさんざめき・・・。現代先鋭の作家・野坂昭如の同名小説を題材に、映画界衝撃派の向井寛監督が“エロチシズム浪漫"を打ち出した衝撃作。昭和初期。とある遊郭に流れてきた若い女・朝子。この界隈には不似合いな、白いドレスに麦わら帽子、白いパラソルという姿で現れた彼女が、果たして、どんな過去を持ち、どんな気持ちで流れてきたのか・・・。物語は、この奔放な朝子を中心に、遊郭・旭楼のさまざまな娼婦たちのエピソードをちりばめながら、全編<男と女の色香>に終始。四畳半のタタミの上での愛欲の様相を、鮮烈に浮き彫りにしていく。
 当時にっかつロマンポルノ映画で頭角を現した女優・美保純が、数奇な運命を辿る主人公・朝子役に、大胆な肢体で体当たり。彼女の新たな一面が鮮やかにスクリーンを彩った注目の作品。(1983)


関連記事
  • このエントリーのカテゴリ: 予告編

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。