スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「の・ようなもの」

監督:森田芳光 出演:秋吉久美子, 伊藤克信, 尾藤イサオ



 なかなか古典落語がうまくならない二つ目の落語家・志ん魚(伊藤克信)は、ソープ嬢エリザベス(秋吉久美子)と不思議な仲になり、その一方で落研の高校生・由美(麻生えりか)とも付き合い始める。しかし由美の父親から落語のへたくそさを指摘された志ん魚は…。
 『家族ゲーム』『失楽園』『間宮兄弟』など、日本映画界を常にリードし続ける森田芳光監督の記念すべき劇場用映画デビュー作。自主映画時代に培った独特の映像センスを駆使しながら、東京下町に生きる若者たちの姿をユーモラスに、そして温かく描いていく快作である。落語家の卵たちがみな当時流行のブランドVANをまとっているお洒落感は、従来の日本映画にない斬新なものであった。不思議な存在感のソープ嬢も、自立した女性のスマートさがかっこよく映えている。落ち込んだ主人公が夜の町を歩き続けるクライマックスは、森田映画を語るときに欠かせない名シーン。そして朝になり、彼を待ち受ける麻生えりかが吐く一言は、気持ちのよいカタルシスに満ち溢れている。(1981)


関連記事
  • このエントリーのカテゴリ: 予告編

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。